マンションの一室に防音室を入れることができる会社ガルバプランニング

リンクユニット




ガルバプランニングという不動産会社を知っていますか?

私も今回知人の方からのご縁で、初めて知った会社なのですが、音楽家にとってはとても貴重な素晴らしい会社だと思ったので、記事にしておきます。

自宅に防音室を入れることができる会社

自宅の一室を防音室にしたい。

音楽を本格的にやっている人なら一度は考えたことがあると思います。

こちらのガルバプランニングは、防音工事にも特化した不動産会社で、防音室の管理や施工だけでなく、自社でホールやスタジオも管理している、まさに音楽家のための不動産会社です。

ガルバプランニング社長彌永耕一さんのインタビュー記事はこちらから

音楽ライフを支援する防音専門の不動産事業

ガルバプランニングの魅力

今回、ガルバプランニングの代表の彌永耕一さんとお話できる機会あったのですが、その内容を聞いて改めて素晴らしい会社だと思いました。まとめると、

 ・防音工事に特化した資材の特許を持っている

 ・今までマンションに24時間防音室を入れた部屋で苦情は一度もない

 ・自社のスタジオは常に満室で予約待ちの状況

 ・都内のスタジオは某有名音楽企業が借りていた

 ・他社の防音室より割安で作ることが可能

などなど。

特にすごいと思ったのは、

今までマンションに24時間防音室を入れた部屋で苦情は一度もない

ということ。

防音室を考える時に、「一軒家」の場合だと現実的に考えやすくなります。それは、一軒家だと隣の家との距離が空く分、多少家の外に音が漏れても隣の家までは聞こえないからです。

しかし、マンションで防音室というとそうもいきません。

マンションの場合は、一軒家と違い上下左右に部屋が密着しています。そのため、24時間の防音室を手に入れようと思うと、外に漏れることがないよう自分の家で完全に音をシャットアウトしなければなりません。

音を完全に抑えるというのはかなり難しいことで、都内などにもあるいわゆる「防音物件」でもそのほとんどが、「お互いに聞こえるから多少は我慢しようね」という「お互い様物件」です。

それだと、一般的なマンションに防音室を入れることはちょっと厳しい。

一番有名なのは、おそらくヤマハのアビテックスですが、これは部屋の中に、もうひとつ部屋を入れるという感じになるので、必然的に部屋が狭くなってしまい、グランドピアノなどを入れたい場合には予算的にもかなり厳しくなります。

今回、お話を伺うことができた有限会社ガルバプランニングは、そんな条件的に非常に難しい“マンションでの24時間防音”を可能にし、しかも苦情が全くきていないという実績。お話を聞いて単純に「すごいな」と思いました。

予算の目安と社長さんの人柄

それだけの防音となると、かなり予算的にも厳しくなりそうですが、実際は

この金額で生涯使える防音室が手に入るなら安いな

という金額で、一部屋を防音にするだけならグランドピアノ一代分くらい(メーカーはご想像にお任せします。)の金額でできるそうです。

これは、ガルバプランニングがホールやスタジオを経営していることからもわかりますが、社長さんが

音楽をする人に対して理解がある

ことが非常に大きいと思います。社長の彌永さんご自身が音楽大学の声楽科出身ということもあるとは思いますが、実際にお話していても、とても気さくな方で、いっぱしの音楽家に過ぎない自分とも普通に話してくださる人間的にも素敵な方でした。

そんな社長さんだからこそ、音楽家にとって良いものを良い値段で提供してくださっているのだと思いました。

まとめ

ガルバプランニングの彌永さんは、この他にも、音楽家向けのシェアハウスを提供したり、音楽家なら一度は見たことがあるであろう情報サイト「Musicman-NET」と提携して、アビテックスのような簡易防音室「Musicman Cube」を開発されたりと、一貫して“音楽家のため”を思って様々な事業に取り組んでいらっしゃることがわかります。

私たち音楽家や、時間を気にせず音楽を楽しみたい。そういった人にとって、こういった音楽家に理解のあるガルバプランニングのような会社は本当に貴重で、これからもぜひ多くの方に知っていってもらえたらと思います。

最後に、「Musicman-NET」との提携時の記事があったので、掲載しておきたいと思います。この記事からも、彌永さんの暖かい人柄を感じていただけるかと思います。

「Musicman-NET」が、音楽家のための不動産情報サイトをはじめた理由とは?

スポンサーリンク
リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする