学校教育における音楽

スポンサーリンク

最近のこどもたちは本当に忙しい。

学歴社会に身をおいて、その中で勝ち上がっていかなければならないから
かなり小さいころから競争が始まっている。
その一方で、純粋に勉強で競争をするには、
いささか誘惑や情報も多すぎる。

何か知りたいことがあれば、何でもインターネットで知ることのできるこのご時勢。
子供たちは知らず知らずのうちに、「知った気」 になっている。
もちろん知識としては身についているのかもしれないが、
それは自分の経験に基づかない分、空虚な知識のままである。

これと同じことが、学校教育の音楽においても言える。
おそらく、
「人間にとって音楽は必要?」
と、大人に聞けば、大半の人が
「必要」「どちらかといえば必要」
と答えるのではないだろうか。

同じ質問を、学校の教員に投げかけても
「不要だ」
という人は少ない。 ただ、「なぜ必要なのか?」という答えは見えずに
漠然と「なんとなく必要」と感じている教員も中にはいる。

音楽自体が抽象的な分野なので、
その「なんとなく」も答えとしては決して間違ってはいないのだが、
学校という教育機関である以上
ある程度の理由付け(もしくは経験に基づいた裏づけ)も必要なのである。
でないと、経験に基づかない知識をもつ子ども同様、模範解答として「必要」と言っているに過ぎない。

もちろん、それを伝えるのが音楽専科の仕事である。
ただ、音楽の先生が孤軍奮闘したところで、限界があることは目に見えており、
最終的には、いかに学校全体で音楽(情操教育)に目を向けるかということが大切になる。

そして、先生の「なんとなく」というのは、いつのまにかこどもにも伝わっているものなのである。 

学校教育における音楽 Part2へ続く。


音楽 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする