クラシック楽譜(金管アンサンブル)

スポンサーリンク

今日は、今度の演奏会で使う
金管アンサンブル(5重奏)の楽譜を買いに出かけた。

ソロの楽譜だと買いたいものが決まっているので、
インターネット購入することが多いのだが、 アンサンブルの楽譜は
見てから買いたいので、店頭に行くことが多い。

自分が楽譜を買うときには、利用頻度が高い順に、

ヤマハ(銀座・池袋)
山野楽器(銀座)
アカデミア・ミュージック (後楽園)

の3店、4店舗。ひとつずつおおまかな特徴をまとめると、

ヤマハ(銀座楽譜フロア)
ブレーンや侍ブラスといった邦人作品から、
ジャストブラス(Just Brass)、カナディアンブラスなどの洋書までを、
それぞれジャンル別に集めているので、
気に入った団体がる場合には、まとめて探しやすい。
他にも、中学・高校のアンサンブルコンテスト用の楽譜を探すには選べる種類が多い印象。
ちなみにオケのスコアなどの楽譜に関しては銀座よりも池袋の方が豊富。
銀座ヤマハ楽譜売り場→こちら
池袋ヤマハ楽譜売り場→こちら

山野楽器
ソロ楽譜(euphonium)の品揃えはヤマハよりも豊富だが、
アンサンブルの楽譜を買った経験はあまりない。
ただ、ヤマハよりも幅広いジャンルでの楽譜が置いてあり、
意外なとこからふいに見つかることもある。
山野楽器銀座店→こちら

アカデミア・ミュージック
実は最近になって初めて利用したのだが、
洋書(輸入楽譜)の品揃えに関しては圧倒的。
店舗自体はそこまで広くないが、輸入楽譜に特化しているだけあり、
ほかではなかなか手に入らないような楽譜でも、実際に見てから買うことができる。
アカデミア・ミュージック→(こちら)

3店ともそれぞれ特徴が異なるので、ほしい楽譜の系統によって使い分けるといいのではないだろうか。

これまでは、
銀座に行くと、ヤマハ・山野楽器の両方に行くことができたため、
他の用事などとも絡ませてその2店舗に行くことが多かったが、
これからはアカデミアも多くなりそうである。

金管のアンサンブル譜自体が、元々少ないとは言え、
ここまで店舗があるというのは、やはり都内の強みだろう。


音楽(クラシック) ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする