PowerPointで2枚を1枚のPDFにして余白をなくす方法

スポンサーリンク

プレゼン資料作成に非常にべんりなPowerPoint(パワーポイント)ですが、いざ印刷してみると、余白が大きくなってしまって困ってしまうことがあります。

今回は、そんなパワーポイントの印刷時に困ったときの対処法を残しておきます。

できるようになりたいこと

 ①パワーポイントのスライドをPDFにする。

 ②スライド2枚を1枚のページにする。

 ③印刷時の余白を無くす。

という3つです。特に③の「余白を無くす」というのが今回の一番のテーマです。

必要なソフトをインストールする

パワーポイントの資料をPDFに変換(エクスポート)すること自体は、パワーポイントだけでもできるのですが、それだとどうしても余白が大きくなってしまうので、今回は下記のPDF変換ソフト「CubePDF」を使用します。

このソフトは、パワーポイントに限らず、ワードやエクセル、その他なんでも「印刷」できるものであれば全てPDF形式にしてくれる便利なソフトですので、下記リンクよりインストールしてください。

こちらからインストール→無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF – CubeSoft

作成の手順

パワーポイントでPDF作成したい資料のファイルを開いて左上の「ファイル」→「印刷」と進んでください、

すると、下記の画面が開くと思いますので、

①プリンターを「CubePDF」に変更する。

②「フルページサイズのスライド」になっているかを確認し、

③「プリンターのプロパティ」をクリック

してください。

すると、次のような画面が開きます。

①「印刷の向き」→「横」になっていることを確認

②「ページの順序」→「順」になっていることを確認

③「シートごとのページ数」→「2」に変更。

してください。変更できたら、「OK」をクリックして「印刷」をクリックします。

すると、

のような「CubePDF」の画面が出てきますので、

①「…」をクリックして、保存先を選びます。(デスクトップなど)

②「変換」をクリック

すると、保存先にPDFのファイルが無事に作成されます。

まとめ

今回は、パワーポイントで作った資料をPDFにして、スライド2枚を1枚にして、余白を少なくす、方法をまとめました。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする