【楽器奏法】良い音について

スポンサーリンク

「アーノルド・ジェイコブスはかく語りき」より

良い音を出すためには、頭の中に良い音のイメージがあるかどうかが極めて重要である。

頭の中に良い音のイメージさえあれば、体の諸器官に対しては細かな指示は必要ない。
脳が体をコントロールしてくれる。

逆に言えば、脳の中にある歌・音は完璧でなければならない。
頭の中をはっきりとした大きな音で満たしてから、演奏する。

今日の露木先生のリサイタルを聴きながら、
先生の頭の中は良い音で満たされているんだろうと思った。
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする