【楽器奏法】アンブシュアよりバズィングに集中

リンクユニット




「アーノルド・ジェイコブスはかく語りき」より

アンブシュアについて世間的に言われていることは正しいが、
アンブシュアばかりに気をとられてはいけない。

大切なのは音楽演奏

唇には脳がないから、頭で考えたことがきちんと伝われば
唇は機能する。

アンブシュアのことよりも、バズィングのことに気を使おう。
振動が生まれなければ、
音楽は生まれ得ない。

良い振動の感覚をつかむために、
リムやマウスピースでの練習は、とても効果的である。 
簡単なメロディを吹いてみたり、
憧れのプレーヤーの演奏を真似してみたりする。

楽器を使わない練習のときも、
エア(空気)任せにしてはいけない。
頭の中に音楽をイメージしてから、
最初の音から、良いサウンドで音楽する。

バズがよく響くためには、
唇は前方向に一定の距離を保つようにし、
唇を使ってエアを「押す」ような感覚に変える。

また、吹く前にセットアップや試し吹きはしないほうがよい。
それは、セットアップするときの機能と、
演奏をするときの機能が別系統の神経であるからである。 

演奏時の意識のうち85パーセントは
バズを使って‘‘歌うこと’’に向ける。


音楽 ブログランキングへ

スポンサーリンク
リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする