教えることは学ぶこと

スポンサーリンク

今日は生徒さんのレッスンをしてきました。

『教える』ことは内容・ジャンルを問わず勉強になります。

今日のように個人にレッスンをする場合は、
その人の演奏を聞きながら、何が一番必要なのかを考えるので、
自分で練習しているときよりも
客観的に見ることができる分、勉強になります。

そして、最近レッスンをしていて感じるのは、
相手の頭の中に出したい音のイメージがあるか
ということ。 

裏を返せば、レッスンはいかに出したい音のイメージをつかんでもらうか。
ということが大切になります。

そして人に何かを教える以上、
『教える』ということに関しても
プロフェッショナルを目指すべきだろうと思います。
もちろん、良い音楽家であることに越したことはないのですが、
何が必要なのかを見抜いて、それを上手く伝える、
指導力も必要なのだなと感じます。

実際、自分がレッスンを受ける側になっても、
違いはわかるのに、それができなくてはがゆく感じることがあります。
その時に、先生の何気ない一言で理想のイメージに近づくことができたりします。

そのアドバイスは、
具体的な奏法についてであったり、
音楽とは関係のない例え話であったりするのですが、
教えるときには、
ひとつの事柄に対してのアプローチの仕方の数=引き出しの数
が必要なんだと自分が教えるときには痛感します。

『教える』ことに関しては
プレイヤーとしての向上心指導者としての向上心
この二つが車の両輪となって、
上手くなっていくのだと思っています。

~お知らせ~
現在、ユーフォニアム(他の金管楽器の方も歓迎)のレッスンを随時受付けております。
また、私が代表を務めているEnsemble Leventでは、
各楽器の講師(東京藝術大学卒)の紹介もしていますので
もし興味のある方がいらっしゃいましたら、
コメントもしくはEnsemble LeventのHPのお問い合わせフォームからご連絡ください。

まずは無料体験レッスンから始めて頂けます。

関連記事“Ensemble Levent 講師派遣” 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする