【演奏会】メナジェリーブラスクインテット〜2ndコンサート〜

スポンサーリンク

本日はこちらの演奏会に行ってまいりました。

Menagerie Brass Quintet 2nd Concert

image

Menagerieというのは動物園という意味だそうです。
このカルテットのメンバーは

金丸響子(トランペット)
重井吉彦(トランペット)
鈴木優(ホルン)
高瀬新太郎(トロンボーン)
田村優弥(チューバ)

の5名で全員が違う学年というなかなか
珍しいカルテットです。

詳細については
メナジェリーブラスクインテットのホームページ
を参考にして頂くとして、
ここでは演奏会の感想について
書いておきたいと思います。

こちらのカルテット。
この夏に韓国の済州島で行われる
国際コンクールで1位を獲得したという
実力はお墨付きのカルテットなのですが、

本日のコンサートも
日本での金管5重奏のコンサートにしては
かなり意欲的、刺激的なプログラムでした。

image

このプログラム、
曲を知らないばかりか
作曲者も知らない人が並びます。

その多くがコンクールで課題となった曲で
かなりの難曲揃いでした。

そんな難曲揃いのプログラムが
どれも素晴らしいクオリティで仕上げており
その姿勢は凄まじいものがありました。

そんなコンサートの中で
改めて感じたことがあります。

それはたった5人でもホールの
隅々まで響き渡るサウンドの濃密さです。

たった5人なのですが、
その5人の音色や息のスピードがぴたっと揃った時は
会場がその音で溢れるているのを
感じることができました。

まさに神々しいという形容がしっくりとくるような
美しい響きです。

これについては以前書いた記事にも似たようなことを書きました。

【演奏会】ベルリンフィル12人の金管奏者たち

これが金管楽器の醍醐味なのだと改めて感じました。

演奏の充実度もさることながら、
演奏会の後の打ち上げにも参加させて頂き、
さらに打ち上げ後は聴きにいらしていた
先輩と夜中まで話してと、
とても濃く充実した時間を過ごさせて頂きました。

やはり生で聴く音楽が一番です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする