響く言葉と響かない言葉

スポンサーリンク

最近多くの方と知り合い話す機会があります。

ジャンルも年齢も様々なのですが、
話していて少し思うところがあったので

今日はそのことを記事に書いてみようと思います。

人の話す言葉には

響く言葉と響かない言葉

がある。ということです。

それは相手が、
年下であっても、どんな肩書きであっても関係ありません。

そして響く言葉を発することのできる人には、
間違いなく共通している点があります。

それが、

豊かな人間性 

初めて会う段階では、
得られる情報も限られているので
その中で感じることができる人間性という意味では、
 
雰囲気と表情

に言い換えることもできるかもしれません。

「あ、この人のこの言葉いいな!」
と思うことのできる人は、
必ずといってよいほど
立ち居振る舞いや雰囲気も見ていて心地よいです。

相手に何かを伝える力をつけるためには、
小手先の技術をつけることよりも、

自分自身の人間的な力を
磨いていくことが何より大切なのだと感じました。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする