ステージ上での雑音

リンクユニット




ステージ上で出す音には意外とたくさんの音があります。

この記事では、主に楽器奏者がステージ上で出す音
について考えたいと思います。

ある曲を演奏するにあたって、当然楽器から奏でられる音はあるのですが、
それ以外にも聞こえてくる音があります。

ブレスの音
ピストンの音
キイやタンポの音

など。

そして、これらの音、
自分では慣れてしまっていたりして気にならないこともあるのですが、
初めて聞く人にとっては意外と気になるものです。

僕も初めて演奏会に足を運んだ時に、
ブレスの音がとても気になってしまったことを覚えています。

そして、一度気になってしまうと
聴衆はなかなか音楽を純粋に楽しむことができません。

音楽という非現実の時間を過ごしている時に、
その雑音に意識がいってしまうと、
突然、現実に引き戻されたような感覚を覚えます。

ただ、特にブレスの音に関してですが
客観的に(デシベルの数値的に)はしっかりと聞こえていても
演奏では気にならないというプレーヤーもいます。

そういった人は、
ブレスまで含めた音楽の構成が上手い人
ということになるのだと思います。

音を奏でるステージに立つ以上、
些細な音や振る舞いにも
心を砕ける演奏家でありたいと思います。

スポンサーリンク
リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする