【演奏会】中島彩ピアノリサイタルを聴いて〜バッハへの感謝〜

スポンサーリンク

知人から招待券をもらい演奏会に行ってきた。

中島彩ピアノリサイタル
〜ポリフォニーの愉しみⅢ〜

image

ピアノのリサイタルは今まで何度か足を運んだが
どのリサイタルも演奏者の個性が著しく表れて面白いなと思う。

もちろんリサイタルである以上ピアノに限らず同じことが言えるけれど
楽器の条件がある程度制約される楽器なだけに
客観的に演奏者の個性を感じやすいのかもしれない。

それに加え今までピアノリサイタルを聴いたほとんどが東京文化会館の小ホールだったので、その違いがとても面白いと感じる。

今日お聴きした中島彩さんピアノの所感は

①誠実で実直な演奏
②p(弱奏)が美しい
③端正な音色

ということ。

ポリフォニー音楽を題材にしたプログラムは
バロックからバッハ、古典派からベートーヴェン、ロマン派からショパンという
実にまっすぐなプログラムだったように思う。
(バッハ、ベートーヴェン、ショパンの時代に楽器が存在していないユーフォニアム奏者からすると非常に羨ましいプログラムでもある。)

image

全曲を通して女性的なしなやかさ男性的な力強さが印象的で
それぞれの表現が先述した端正で濁りのない音色によって紡ぎ出されていた。

個人的にはピアノ曲はやはりバッハが最も好きだ。
リサイタルの一曲目として取り上げられた

パルティータ第5番ト長調

の一音目が奏でられた瞬間今日のリサイタルに来て良かったと思った。

演奏会とは直接関係ないが今日偶然辛いことがあった。

けれど、こうして音楽に携わることでそれが良い意味でリセットされ

自分がなぜ音楽が好きなのか

という本質的なところに立ち帰らせてくれる。
バッハの音楽にはそういった力があるのだろうと思う。

リサイタル最後にアンコールとして演奏された

主よ人の望みの喜びよ/J.S.バッハ

(この曲は先月の春の管まつりのアンコール曲でもある。)

は、そんな今の自分の心境ともあいまってか終わって欲しくないと思う時間の流れだった。

素晴らしいリサイタルと素晴らしいバッハの音楽に心から感謝したい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. o より:

    どうもはじめまして

    実は私は「中島彩 ピアノ」の検索で
    偶々こちらのサイトへと辿り着いた者です。

    なるほど!
    ピアノでクラシック曲を奏でる「中島彩さん」とは
    この人のことだったのですね!

    実は今まで「中島彩」と何度検索しましても
    どうしてもいつも女性のフリーアナウンサーの
    変なおかたしか上位にヒットしなかったので
    全くシックリこずにずーっと強い偏見と疑問にしか感じておりましたが
    おかげさまでこれで完全に謎が解けました!

    やっぱこんな変な人とは別人だったのですね!
    これで蟠りが解消されまして心の中まで大変スッキリしましたので
    本当にどう有り難う御座いました!

    実は自分自身がこちらの「中島彩さん」を初めて知るきっかけとなったのは
    「暗殺教室・殺せんせ―」というアニメ作品の中(第十九話)で
    「ピアノ演奏 中島彩」を見て演奏を拝聴したからなのであります(演奏曲はショパンの「幻想即興曲」)。

    それ以来大ファンでスッカリ虜の一人になってしまいましたよー!

    では本当にどうも有り難う御座いました。これで失礼します。